猫の手募金

事例22
取り残された猫達 平成26年10月〜

経緯

10月の半ば過ぎに会に相談の電話がありました。「空き家らしい建物に10匹以上の猫がいる。みんなお腹を空かせてガリガリ、病気の猫も多い。大きな道路に面しているので時々交通事故で死んでいる。なんとかしてやりたい。」というものでした。


対応

早速現場を確認に行くと、10匹以上のガナガナに痩せた猫達がフードをもらいに家の中から出てきました。2階には閉じこめ状態になっている猫達も多数いることもわかり、既にお腹の大きな雌猫もいて、このまま放置できないと判断しました。外に出てきている猫達を捕獲しながら、以前この家に住んでいた元飼い主さんと連絡を取り、何とか鍵を開けてもらい2階の状態を確認。ここにも10匹以上の猫が、フードの袋や空き缶・生活用具がそのまま放置されて糞尿とゴミであふれ、ゴミをめくると虫の幼虫もいる劣悪な環境で生き抜いていました。

解決に向けて

元飼い主さんにも努力してもらい、最終的に31匹の不妊・去勢手術、33匹(内、元飼い主保護8匹)を保護しました。
現場には、リリースした猫が3匹残っています。この猫達は、人慣れが難しく保護を断念し、住み慣れた場所で余生を送ってもらうことになりました。元飼い主の方と話し合い、この猫達には今後継続して餌やりをすること、新しい猫が増えた場合には手術をして繁殖させないことを約束してもらいました。

トラバサミに挟まれ大けがをした猫もいました。この猫は、怪我をした足を断脚し3本足になってしまいましたが、里親様も見つかり幸せになりました。トラバサミの使用は法律で厳しく制限されて、無許可で使うことは厳しく罰せられます。(トラバサミについては、NDNのブログに詳しく書かれていますのでそちらもご覧ください)

「猫の手募金」のお陰で多くの猫に不妊去勢手術を施すことができ、劣悪な環境から救い出すことができました。心よりお礼申し上げます。今も現場に残る猫たちのために、今まで食べ馴れている「スマック」又は「キャラット」のご寄付をお願いできれば幸いです。

保護した当初

保護した当初

保護した当初保護した当初

このページのトップへ