猫の手募金

事例33
餌やり不明の住宅街ののら猫(新潟市西区)
平成28年7月〜 平成29年6月(継続中)

経緯

昨年の7月に、新潟市内のとある駅からほど近い住宅街にたくさんの猫を見かけると相談を受けました。
現地に行ってみると10匹以上の猫がのんびりひなたぼっこしたり、草むらに潜んだりしています。


対応

餌やりさんはわからないままでしたが、このままでは増えるだけなので、相談者さんの費用負担で助成金を利用しながら13匹捕獲してTNR、子猫も保護しました。

しかし、ここで終わらせては手術していない猫からまた新しい命が増えるだけです。
数が多いことから新潟市地域猫モデル事業として活動できないかと考えたものの、町内会の理解が得られず断念しました。
その後はNDNの猫の手募金の承認を受けて活動しています。

解決に向けて

今年5月に入り、ついに餌やりさんの存在が判明して未手術の猫がまだ15匹以上いることが判明、協力を得ながら手術に取組んでいます。

今までに成猫22匹手術(TNR)、1匹手術済、子猫10匹譲渡、成猫2匹譲渡しています。
まだ終わりは見えませんが、猫の手募金のおかげで継続できています。
引き続きご支援よろしくお願いいたします。

餌やり不明の住宅街ののら猫 餌やり不明の住宅街ののら猫
餌やり不明の住宅街ののら猫 餌やり不明の住宅街ののら猫
餌やり不明の住宅街ののら猫 餌やり不明の住宅街ののら猫
餌やり不明の住宅街ののら猫 餌やり不明の住宅街ののら猫
餌やり不明の住宅街ののら猫 餌やり不明の住宅街ののら猫
餌やり不明の住宅街ののら猫 餌やり不明の住宅街ののら猫

このページのトップへ