猫の手募金

事例43
行政経由ののら猫相談 (村上市)
平成29年7月〜

経緯

7月初旬、村上保健所から相談を受けました。岩船地区の町中の小屋に住み着いた仔猫9匹と親猫4匹の相談があり、何とか解決したいものの相談者は高齢で対応不可、このままでは多頭飼育崩壊になるので協力して欲しいとのことでした。


対応

仔猫9匹は下越動物保護管理センターが受け入れて譲渡、成猫4匹は県の助成金とNDNの猫の手募金で手術費用を賄うこととしました。8月7日に3匹捕獲して県の助成金登録病院で手術を行ない、行方不明になっていた4匹目は捕獲機を預けたところ、8月16日に捕獲に成功。お腹に5匹の仔猫がいて危ないところでした。

解決に向けて

今後は、手術をした猫4匹を相談者さんがお世話をすることの確認をとり終了となりました。行政ができること、NDNができること、相談者さんができることを組み合わせることで解決できた事例となりました。

行政経由ののら猫相談 村上市
行政経由ののら猫相談 村上市
行政経由ののら猫相談 村上市

このページのトップへ