猫の手募金

猫の手事例54  
広大な造船会社の敷地で暮らす猫たち

経緯

海辺でお店をやっている猫好きの方から「最近新しい猫が現れるようになった。その後を付けて行ったら400mほど離れた造船会社の敷地に入っていくのを見た。中にはたくさんの猫たちがいるようだ。」という相談を受けました。会社の担当の方とお話をしてみると、会社内でも猫たちが増えて困っていたとのこと。会社の敷地は広大でその中の工場の中などを猫たちは寝ぐらにして繁殖を繰り返していたようでした。


対応

6月半ば、NDNのスタッフ、ボランティアのみなさん10名ほどで捕獲を開始しました。今回は25台の捕獲機を仕掛け、2日間で成猫21匹、子猫14匹の捕獲に成功しました。その後も7月、8月と捕獲を試み、9月現在で26匹の成猫の避妊手術を終え、子猫23匹を保護しました。 春に生まれた子猫の数の多さに驚き、この子たちがそのまま成長していたらと考えると恐ろしいほどの数になると思われました。

解決に向けて

まだ未手術の成猫が数匹いますが、その子たちの手術を終えることでこの事例を終了する目処がつきました。



このページのトップへ