猫の手募金

猫の手事例57 
周囲が無関心な猫屋敷(燕市)  

経緯

今回の多頭飼育崩壊が発覚したのは、近所の方からの猫相談がきっかけでした。家に野良猫が来るようになり、かわいそうで餌を与えていたら仔猫が生まれた、仔猫は里親探しをして親猫は手術をしたものの、最近、また別の野良猫を見かけるようになった。この繰り返しでは困るが、少し離れたところに原因のお宅があるようだとの話でした。探してみると、たしかに怪しい家があり、思い切って家主に声をかけると、60代の男性の一人暮らし。数十年に渡り、猫に餌を与えていました。現在は10匹から15匹くらいいるようだが数はわからない。どうせいなくなるし、死んで行く、手術代を出す余裕はないとのお話でした。餌を与えているだけでまったく人慣れしていませんでした。


対応

ここから散らばった猫が周囲に迷惑をかけていることを説明したところ、自分も若くはないので手術ができれば本当はありがたい。経済的に余裕はないとの返事。幸い手術には同意しており、猫の手募金を利用して手術をすることができました。このとき、近所の聞き込みで感じたのは、周囲の方はほとんど気づいていないか、知っていても無関心だったことです。そのため、愛護センターに問合せをしても、過去に猫の苦情は届いていませんでした。当事者が劣悪な環境で暮らしていても周囲が無関心なことが問題を解決から遠ざけている事例でした。

解決に向けて

成猫6匹の捕獲はスムースに終わり、ボス猫と言われる猫も捕獲して手術することができました。しかし、手術にはまだ早い仔猫が人慣れしておらず捕まらず、成長を待って再度捕獲の予定です。



このページのトップへ