猫の手募金

猫の手事例66 
おばあさんの餌やりで増えてしまった猫達
三条市

経緯

事例66は、1人暮らしのおばあさんか゛餌やりだけして増やしてしまったものの猫の手募金のおかげで多頭崩壊にならなずに済んだ例です。2018年12月中旬、猫の里子さんから連絡があり近所の1人暮らしのおばあさんが餌やりをしている猫達が増えてしまい、ご近所皆さんがで困っていると連絡がありました。


対応

母猫2匹は不妊手術後リリース、仔猫5匹はおばあさんは全く面倒を見る気がなく風邪も引き、フードも食べなく弱っているので、里子相談者さんが5匹保護。健診後は、猫カリシウィルス感染、便にはコクシジウム、5匹は自力で食べる事が出来なく全頭入院になりました、。

解決に向けて

猫風邪の後遺症で目が空かない子達もいて治癒後に譲渡会参加、4月に最後の5匹目の子の譲渡が決まり4ヵ月に渡った仔猫達の保護が終わりました。おばあさんには、母猫の世話を頼み、時々、相談者さんも様子を見に行かれています。皆様のご支援で、親子猫達は救われました。有り難う御座いました。今後ともご支援のほど、宜しく、お願いいたします。




このページのトップへ