猫の手募金

猫の手事例71 
昨年TNRをした漁港の新入り猫たち

経緯

2018年春、TNR(捕獲→手術→リリース)を行った漁港に、新しい未手術の猫が5匹くらいいると餌やりさんから情報が入りました。この漁港は昨年春、猫の手50として8匹の捕獲、手術を行った所でしたが、新入りの猫たちが増えていたようです。近くの老人施設も寝ぐらとなっているようでした。このまま放っておくと猫算で瞬く間に増えてしまいますので、再度、猫の手事例として取り組むことにしました。

対応

寝ぐらとなっている老人施設にも事前に捕獲機設置の許可をいただき、警戒心が強いと聞いていたシャム柄母猫とその子の黒猫をそこで捕まえることができました。このシャム柄母猫は何度も子供を生んでいるらしく、今回も妊娠していました。また、尻尾の毛が抜けていた猫もいましたので、負傷猫として動物病院で診ていただくことができました。この子はオス猫で古傷がたくさんあり、中には大きな傷跡もあったそうで、何度もメス猫を巡って喧嘩をしてきたようです。去勢手術をしたので、今後はオス猫同士の喧嘩で怪我をすることはなくなりました。

解決に向けて

この漁港には、餌やりさんが作ってくれて猫ハウスもありますので(時々、猫を快く思わない人が壊すそうですが)、どうか、天寿をこの漁港でまっとうしてほしいと思います。猫の手募金のお陰で、昨年に続き、4匹の捕獲、手術と1匹の負傷猫の治療ができました。ありがとうございます。どうか、今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします。





このページのトップへ