各班の活動に参加する

譲渡会やイベントの運営

新潟動物ネットワークでは毎月2回の譲渡会の他、年1回、NDNフェスティバルを開催しています。
会場の設営、ケージなどの備品の保管・運搬、事務作業、イベントの企画など、直接動物を救済することはできないけれど、動物のことに興味のある方に支えられています。
興味のある方、是非、ご参加ください。

イベントの企画・運営に関するお問い合わせ

 

譲渡活動:猫・その他の動物

登録義務のない猫(その他の動物)は、誰でも比較的容易に飼い始められる一方で、知識やマナーのない飼い主のために、悲しい運命を辿る猫(その他の動物)が後を経ちません。

近所とのトラブル、ひいては社会問題になっているケースも多く見られます。

猫班では、迷子になったり、保健所に捨てられたりした猫(その他の動物)に新しい飼い主さんを見つける活動をしています。

心ある方に拾われた猫(その他の動物)、保健所に持ち込まれた猫(その他の動物)、民家の軒先で生まれて保護された猫など、このような「飼い主のいない」猫(その他の動物)たちが、暖かい家庭で幸せに暮らすことができるように。

また、これ以上不幸な猫(その他の動物)が増えないよう、飼い主のマナー向上のための啓発活動も行っています。

現在こんな活動をしています。

  1. 猫(その他の動物)を里子に出したい方(拾った、保護した、保健所からの依頼など)の相談に応じます。
  2. 里親になりたい方を募集し、希望する猫(その他の動物)とのマッチングを行います。
  3. 飼い主に猫(その他の動物)の正しい飼育方法を指導します。
  4. のら猫の問題に対して、相談に応じます。
  5. 捨て猫防止キャンペーンを通じて、これ以上不幸な猫が増えないよう、啓発活動を行います。
  6. 「猫の手募金」を設立し、個人では解決できず放置することによって取り返しのつかなくなる状況に対して、支援をするためのものです。

何かお手伝いしてみたい、自分に何ができるかな・・・という方、
まずは、下記までお気軽にご連絡ください。

譲渡活動:猫・その他の動物に関するお問い合わせ

 

譲渡活動:犬

テレビコマーシャル等の影響でペットブームが続き、大型ホームセンターでは、いつでも多くの動物がショーウインドウの中に飾られています。

簡単に購入できる裏では、捨てられたり保健所に持ち込まれる犬は後を絶ちません。

犬班では、保健所に捕獲されたり持ち込まれたりした犬や、飼い主のやむを得ない理由で手放す犬に新しい飼い主さんを見つける活動をしています。

多くの犬は人なつこく、純粋な目で飼い主のお迎えを待っていますので、一匹でも多く暖かい家庭に譲渡できるよう頑張っています。

現在こんな活動をしています。

  1. 県内保健所に保護されている犬を見に行きます。(不定期訪問です)
  2. 保護犬を健康診断に連れて行きます。
  3. 一時保護の場合は不妊手術も行う場合があります。(医療費実費は新しい飼い主さん負担となります)
  4. 飼い主希望者さんを募集し、希望する犬とのお見合い、引き渡しを行います。
  5. 問題行動、しつけ等の相談に応じたり、訓練士さんの紹介をします。

何かお手伝いをしてみたい、自分に何ができるかな・・・
という方は、まずは下記までご連絡下さい。

譲渡活動:犬に関するお問い合わせ


学校訪問

こどもたちに、「いのちの大切さ」を伝えるため、動物に関する「お話の会」を行ったり、学校図書館に本を寄付しています。
また、少しでも多くの子どもたちに「いのちの大切さ」を伝えるためのホームページも開設しています。

ペットと出会う場がペットショップしか知らなかったり、新潟県内だけでも年間6000匹も殺されていたり、子どもたちは動物がおかれている現状を知りません。

そういった現実を知って大人になるのと、知らないで大人になるのではかなりちがうと思います。これ以上不幸な命を増やさないためにも、子どもたちに「命」を伝える活動にご協力ください。

少しでも多くの学校にご紹介していただければ幸いです。

良書の紹介、あなたの動物への思いや知識をこどもたちに届けること、
昔は不幸でも今は幸せいっぱいのわんちゃんの紹介・・・
できることから始めてみませんか?

興味のある活動があったら是非、ご連絡ください。お待ちしてます!!

  1. 学校への訪問活動に参加する
  2. 訪問できる学校を紹介できる(総合学習、学校行事や文化祭、PTA講演会など)
  3. 学校に寄付するために良い本を推薦する
  4. ホームページ作りに参加する
  5. その他、学校への啓発活動に関することに関心を持っている

学校訪問に関するお問い合わせ

このページのトップへ