猫班の活動について

登録義務のない猫(その他の動物)は、誰でも比較的容易に飼い始められる一方で、知識やマナーのない飼い主のために、悲しい運命を辿る猫(その他の動物)が後を絶ちません!
近所とのトラブル、ひいては社会問題になっているケースも多く見られます。

猫班では、このような可哀想な猫たちを少しでも救い、不幸な猫を減らしていくために、のら猫や迷子になった猫、保健所に捨てられた猫(その他の動物)などに新しい飼い主さんを見つける活動をしています。

心ある方に拾われた猫(その他の動物)、保健所に持ち込まれた猫(その他の動物)、民家の軒先で生まれて保護された猫など、このような「飼い主のいない」猫(その他の動物)たちが、暖かい家庭で幸せに暮らすことができるように。
また、これ以上不幸な猫(その他の動物)が増えないよう、飼い主のマナー向上のための啓発活動も行っています。

現在こんな活動をしています

  • 猫(その他の動物)を里子に出したい方(拾った、保護した、保健所からの依頼など)の相談に応じます。
  • 里親になりたい方を募集し、希望する猫(その他の動物)とのマッチングを行います。
  • 飼い主に猫(その他の動物)の正しい飼育方法を指導します。
  • のら猫の問題に対して、相談に応じます。
  • のら猫助成金制度を通じて、これ以上不幸な猫が増えないよう啓発活動を行います。
  • 「猫の手募金」を設立し、個人では解決できず放置することによって取り返しのつかなくなる状況に対して、支援をするためのものです。

活動スタッフ募集

猫班の活動に、参加できる方を募集しています。

***「猫の手術運搬お助け隊」募集***
「猫の手術がしたいけど運搬ができない」という相談者さんのために、手術の際の運搬のみ手伝ってくださる方募集します。
車の運転ができて、平日動くことの可能な方、連絡手段として、携帯電話・メ-ル(携帯・パソコン)などを持っている方。
どうぞよろしくお願いします。

のら猫助成金の案内

猫をめぐる問題の多くは「のら猫」ではないでしょうか。
好きでのら猫になった訳ではないのに、肩身の狭い彼ら。過酷な生活を強いられる彼らを、1匹でも少なくしたいとNDNではのら猫に対する不妊去勢手術の助成金制度を作りました。
申請にはいくつかの条件があります。詳細はこちら

「猫の手募金」へのご協力のお願い

どうしても個人だけでは解決できなかったり、そのままにしておくと、取り返しのつかない大変な事態に陥るケースに対して、ほんの少しでも支援の手を差し伸べていくために、このたび、「猫の手募金」を設立しました。 
この募金は、特定の問題についてかかった費用の支援をするものです。社会全体で飼い主不明猫に対しての取り組みを考えない限り、今後も出てくる解決が非常に難しい問題ですが、募金の主旨をご理解いただき、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
何かお手伝いしてみたい、自分に何ができるかな・・・という方、まずは、お問い合わせください。
詳細はこちら

このページのトップへ