猫の手募金

2006年8月〜2007年3月
猫屋敷レスキュー

経緯

一人暮しの女性が入院し、飼っている35匹の猫が室内に残された、どうしたらよいか、という相談がありました。相談者さんから電話があり、そのお宅の猫たちを見てきた様子を聞きました。途中、嗚咽や涙をこらえながら、猫たちの悲惨な状況を話してくれました。

-以下、説明です-
(入院に至るまでの状況)
入院した女性(高齢)は洋裁で生計をたてていたが、経済的に苦しく、生活保護を受けるという話もあったが、民生委員から生活保護を受けるなら猫の数を1~2匹に減らすように言われ、それはできないと生活保護を断った。
2週間ほど前、その女性が栄養失調で倒れて入院し、猫だけが家の中に置き去りにされた。女性から頼まれた近所のおばさん2人がエサだけあげに行っている。入院する前も猫のエサを近所の人からもらったりしていた。


お宅の様子

相談をしてきたのは、ペットシッターの会社に勤める女性です。
現場の近くに住む方から相談され、乗りかかった船と猫たちの様子を見に行かれました。多数の猫を飼っていることは有名らしく、近づくと多頭現場特有の臭いがしたそうです。

エサをあげに行っていた近所の人は、エサを置いてくるだけ、掃除は全くしていなかったため、室内は糞尿で汚れ、10分もいると洋服に臭いが染み付いて取れないほど。35匹と聞いていた猫は、10匹に減っていました。このお宅の様子を快く思わない近所の人が、鍵のかからない家に侵入して、エサに毒を盛って殺したそうです。死体はエサやりさんが片付けたらしい。

いつ置かれたかわからないエサには、ウジが集っていました。水は緑色にドロドロになっていました。長屋になっている部屋の壁1面にも、ウジがびっしり這っていました。猫たちは全て栄養状態、精神状態が悪く、ケンカをするからとケージに隔離されていた3匹は、すでに顔の形が変わっているほどで、後は死を待つばかりの状態。その中で、糞尿の始末をし、エサのウジを払い、水を取り替え、猫の目やにを拭いてあげた相談者さん。涙で前がよく見えないほど打ちのめされたそうです。

立ち会ったエサやりさんは、これ幸いとばかり、春生まれの子猫4匹を引き取ってくれと言ったそうですが、繁殖制限もワクチンもされていない猫たちの間で生まれた子猫、すでに衰弱も激しく、とても里子に出せる状態ではなかったため、心を鬼にして置いてきたそうです。

そのお宅の猫や汚れ方が、一部の疎ましく思う人たちの標的になって可能性があります。 いつ火を点けられたり、虐殺が起きてもおかしくない状況を、とても心配しています。この連日の暑さの中、締め切った汚れた室内にいる猫たちの健康状態は、悪化していくばかりです。(どうしたらいいのでしょうか?)ここに閉じ込められているのは、何の罪・・・・・・

猫屋敷レスキュー 1 猫屋敷レスキュー 2 猫屋敷レスキュー 3 相猫屋敷レスキュー 4
猫屋敷レスキュー 5 猫屋敷レスキュー 6 猫屋敷レスキュー 7 相猫屋敷レスキュー 8
猫屋敷レスキュー 9 猫屋敷レスキュー 10 猫屋敷レスキュー 11 相猫屋敷レスキュー 12
猫屋敷レスキュー 13      

その後の対応

現場の凄まじい状況で餌やりに行くのが困難を極め、相談者も「もう止めたい」という中、何とか助けたいとNDNスタッフ数名で大掃除を決行。完全ではありませんが環境を改善することが出来ました。
しかし、ご近所には反対の人も多く、一時は1ヶ月以内に処分することが決まり、相談者も諦めかけましたが、有志スタッフが毎日餌、水、トイレ掃除などをやるということで今、周りも少し収まってくれました。
何とか捕獲して血液検査、ワクチン、虫の駆除、手術、怪我をした子や病気の子の治療などをし、新しい飼い主さんを探していきたいと思っていますが、現在一時保護が不足しており、なかなか捕獲・治療が進まない現状です。

解決に向けて

その後も有志で猫たちの世話を続け、イベントや会報での呼びかけ、路上でのチラシ配り、フリマなどで多数の方から金銭面でも物資の面でも善意の寄付を頂きました。当初10匹に減っていたと思われる猫たちは全部で17匹になっており、全頭の不妊手術や検査なども行うことができ、新しい飼い主さんが見つかった子もいます。しかし、入院した女性の退院の目処はつかず、かといって猫たちをいつまでも家主のいない家に置いておくこともできませんでした。しかし、スタッフの一人が新しく動物関連の仕事を始め、そこで猫たちを引き取ってゆっくりと時間をかけて飼い主を探すことになりました。これにより、猫たち12匹はNDNの活動からから個人活動に移行することになり、これを目処に「猫屋敷レスキュー」は終了しました。

猫屋敷レスキュー 会計収支
収 入 支 出
寄付 773,049円 医療費 239,070円
不妊去勢手術 (NDN助成金) 65,000円 不妊去勢手術費 88,725円
フリマ売上 36,340円 備品費 39,738円
  消耗品費 84,790円
  水道光熱費 6,093円
  フリマ出店料 1,000円
  雑費 39,231円
  繰越金 375,742円
874,389円 874,389円

※なお、繰越金につきましては、引き続き猫を保護するスタッフへ移譲しました。

このページのトップへ