猫の手募金

事例23
公園猫 平成27年3月〜

経緯

3月半ばに、新潟市内の公園で餌やりしている方から相談がありました。全部で40匹ほどの猫が暮らしていて複数の方が猫に餌を与えているが、ほとんどの猫が不妊去勢しておらず、この春にはたくさんの子猫も生まれると思う。何とかしたいが自分だけではどうにもできないということでした。現場は何年も前から有名な猫捨て場でしたが責任を持てる方がいませんでした。


対応

今回は責任感のある相談者さんが関わったことで、人慣れしている猫は里親探し、馴れていない猫は猫の手募金を使い不妊去勢手術をして現場にリリース(TNR)、1代限りのお世話をすることとしました。まず、町内会長さんのお宅に保健所とNDNとで訪問して状況を説明、該当地域の獣医さんからも協力していただけることになり、少しでも子猫が生まれる前に手術したいと思い、現場チェックの上で、翌週から活動をスタートしました。

解決に向けて

とても広い公園で複数のえさ場があり、冬場は猫ハウスを設置してお世話しているものの、捨て猫が絶えず、子猫は成長する前にカラスの餌になったり交通事故で命を落としたり、過去には煙草の火を押し付けられる虐待もあったそうです。しらみが大量にいて皮膚病の猫も多かったのでフロントラインスプレーを使いつつ、しっぽがずる向けの猫は断尾手術も行いました。7月12日現在までで合計30匹の手術を行い、うちメスは17匹、妊娠中が10匹でした。(お腹には合計50匹の子猫が!) 手術が間に合わずに生まれた子猫6匹は保護、里親探しをしています。成猫も6匹レスキューしました。まだしばらく活動は続きますので、今後も継続してのご支援をよろしくお願いいたします。

  1. 餌やりは365日続きます。
  2. 新潟市保健所が新しく設置した看板
  3. 手術済の猫は目印にさくらカット(V字カット)を施します
  4. 家猫として幸せになったドラちゃん

保護した当初

保護した当初

保護した当初

保護した当初

このページのトップへ