猫の手募金

猫の手事例55  
ケアマネさんから相談のあった多頭問題(村上市岩船) 

経緯

梅雨入りした頃、スタッフ知人のケアマネさんが訪問しているお宅の野良猫相談がありました。相談のあったお宅は70代男性の独り暮らし。野良猫を家に出入り自由にさせ、餌やりをしている方で家の中、周辺の糞尿被害や匂いの苦情が近所から寄せられているというお宅でした。


対応

家の中は大量のゴミと糞尿の匂い、経済的にもルーズ、身体も不自由で捕獲、手術に動いてくれる方ではなかったため、NDNでTNRを行いました。ご近所さんへの了解をいただき情報収集しながら、これまでにお腹の大きいメス猫を含め、成猫7匹、子猫2匹を捕獲しました。この辺りは藪が多く、どの猫も大量のノミだらけで、子猫は貧血寸前まで血を吸われていました。まだ残りにちらほら猫は残っているものの、現在は野良猫の姿も減り、お宅周辺の糞尿の匂いもほとんどなくなっています。保護した子猫2匹はその後治療、人馴れ修行を経て元気になり、兄妹揃って里親さんに譲渡され幸せになりました。

解決に向けて

今回のように高齢者のお宅のケアマネさん経由で問題が発覚するケースがたびたびあります。野良猫、多頭飼育の問題は多種多様ですが、独り暮らしの方は特に本人に自覚がない、解決できないという方も多く見受けられます。地域コミュニティや行政、福祉関係のサポート機関が見守り、サポートしていくことが大切です。



このページのトップへ